お腹の脂肪を落とす!短期間で出来る方法は?

気が付いたらお腹に脂肪がついていて、運動や食事制限をしても思うようにお腹の脂肪が落とせないなんてことはありませんか?
このサイトではそんなお腹の脂肪を落とす方法を紹介していきます。

 

■正しい食生活お腹の脂肪を落とす!短期間で出来る方法は?

 

 

気になるお腹の脂肪を落としたいと思って、色々なダイエットに挑戦するこってありますよね?

 

 

トレーニングによるダイエットや、食事制限によるダイエットなどなど。。。
実践してみてもなかなか思う様にいかない事が多くあると思います。

 

 

特に目標や期限を決めて短期間でダイエットをしようとすると難しいかもしれませんね。

 

 

では、お腹の脂肪を落とすにはどうして行ったら良いのか?という事になりますが、ダイエットの基本として、生活習慣や食生活を少し改善するだけでも効果が期待できる事がたくさんあります。

 

 

このサイトでは、そういったお腹の脂肪を落とす為に正しい食生活で出来るだけ短期間でダイエットを出来る方法を説明していきます。

 

 

●食生活の改善でお腹がへこむ?
まず、ダイエットの基本と言えば、食事制限です。
この食事制限は適した内容であれば、効果を発揮してくれますが、過度に食事制限をしてしまうなど、方法を誤ると効果を発揮するどころか、体調不良やストレスからリバウンドを招いてしまう可能性があります。
まずは、食事制限よりも、食生活の改善から行っていきましょう。

 

 

特に、食事量や、時間帯、食べる順番など、簡単なところから始めると継続しやすくダイエット方法としてもおすすめです。

 

 

特に正しい食生活を身に着ける事で、お腹がへこむことはもちろん、健康的な体を手に入れる事ができます。

 

 

@食事は朝は少なめ、昼はしっかり、夜は抑え気味に
3食摂る場合の食事量の加減について、まずは説明していきます。

 

 

朝食の時間帯はカラダの機能として排泄の時間帯ともなる為、消化に負担をかけないように、消化によくあまり食べ過ぎない様にしておきます。
また、起床時は睡眠時に汗などで抜けてしまっている水分補給と排泄を促す為、コップ1杯分のお水を口にしておきます。

 

 

朝食の内容は、野菜や果物類、生ジュースなどが酵素補給もできるので、最適と言われています。

 

 

この様に、朝食は食物繊維を中心にスッキリ軽めに済ませて、排泄を促していきましょう。
こうする事で、便秘解消にも効果があり、宿便によるポッコリお腹を解消する事もできるようになります。

 

 

次に昼食です。
昼食は、胃腸も活発に働き始めており、消化機能も向上する事から、一日の中心である昼食はしっかり食べておくようにしましょう。
もちろん、正しい食生活でお腹の脂肪を落としていくので、食べ過ぎには注意が必要です。
日本では昔から、食事は腹八分目と言われている様に、消化に負担をかけないように加減をした食事にしておきましょう。
また、ダイエット中は、腹六分目でも良いくらいなので、腹六〜八分目を目安にするとバランス良く食事量をコントロールしていく事ができます。

 

 

最後に夕食ですが、本来、人の体の仕組みとして夕食は夜8:00までに済ませるのが最適とされています。
この時間帯を過ぎると、吸収や代謝作用の時間帯となり、カラダが睡眠の準備をし始める時間帯となります。

 

 

さらに、夕食は睡眠の3時間前までに済ませるのが良いとせれているので、夕食はなるべく早めに済ませる事が望ましいとされています。

 

 

しかし、現代の社会で仕事上、夜8:00までに夕食を摂るという事が非常に難しくなっております。
その為、夜8:00を過ぎたら野菜中心やスープなどの汁物のみで済ませるという方法もあります。
この場合、時間帯が遅い為、いずれにしても腹六分目以下に抑えて食事をする事が望ましいとされています。

 

 

これも、睡眠中の消化作用をなるべく抑えて、代謝に力を回してカラダの疲れを取る為に必要になるからです。

 

 

夕食が遅くなる場合の別パターンとしては、例えば夕食を2回に分けるという方法もあります。

 

 

これは、夕方ころに炭水化物などの消化に負担が大きいものを軽く食べておき、帰宅してから野菜やスープなどの消化に良いものを食べてお腹を満たすという方法です。
こういった工夫で、食生活の改善がなされて、自然とお腹の脂肪を落とす事が出来る様になっていきます。

 

 

●食事の順番
さて、正しい食生活において、お腹の脂肪を落とす為には、3食の考え方の他に、食事をする順番にも改善方法があります。

 

 

食事をする順番によって、消化・吸収されていく順番が決まってくるので、簡単に言うと、脂肪に変わりやすいものは後に食べて、先に脂肪になりにくいものを食べていくという順番にします。
食事の順番は以下の通りです。

 

 

汁物⇒野菜⇒副菜⇒主菜⇒主食

 

 

始めに、スープや味噌汁などの汁物から口にする事で、血糖値を緩やかに上昇させて、糖質の吸収力を抑えるようにしていきます。
次に野菜や副菜などを口にすることで、食物繊維やビタミン、ミネラルを吸収してカラダに必要な栄養を満たしていきます。
その後、主菜として、魚や肉を口にしてタンパク質の補給を促す事で、筋肉を育て
基礎代謝を上げていきます。
そして、最後に主食として、糖質の高い炭水化物を口にしていきます。
こうする事で、カラダに必要な栄養を先に吸収して、糖質などの脂肪になりやす栄養素を最後にする事で吸収を抑えていきます。

 

 

この様に、食事をする順番を少し工夫するだけでも。栄養の吸収作用が改善される事で、正しい食生活となっていきお腹の脂肪も落とす事ができる様になってきます。

 

食事をする際は、酵素を意識していくのも良い方法の一つです。
酵素については、こちらの短期間で痩せる酵素ダイエットについて参照してみて下さい。