睡眠もダイエットに効果的

睡眠もダイエットに効果的

■睡眠もダイエットに効果的
人の体は20:00〜4:00が吸収や代謝がある時間帯とされています。
この時間に睡眠をとる事で、カラダの疲れが取れ、リセットされ健康的な状態を保つ事ができます。

 

 

特にダイエット中は健康面にも注意が必要となり、睡眠も大切なダイエット成功への要素の一つとなっていきます。

 

 

正しい食生活だけではなく、生活習慣の一つである睡眠についても改善する事で、より短期間でお腹の脂肪を落とす事ができる様になっていきます。

 

 

一般的に最適な睡眠時間は6〜8時間とされており、これより短いと代謝しきれず、疲れが残ってしまったり眠気が取れない状態が続いてしまったりします。
また、長すぎても睡眠中に菌が鼻から進入して、寝起きから寝過ぎによる頭痛が収まらないなどの症状も出てしまう事が多くあります。

 

 

その為、6〜8時間の睡眠が最適とされています。
特に睡眠をとる際は、代謝効率が最も高まる22:00〜2:00の時間帯を跨いでおくことで、体の疲れの取れ具合がかなり違う効果をもたらします。

 

 

こういった事から、睡眠時間は6〜8時間で、22:00〜2:00を跨ぐように寝ておくことが最適とされています。

 

 

●早起き早寝の感覚が健康的?
よく早寝早起きという言葉がありますが、実は早起き早寝の感覚で睡眠を意識する方が、安定して睡眠をとれるというお話しがあります。

 

 

これは、体内時計による入眠する作用のお話しなのですが、人は朝起きて外に出て日の光を浴びる事で、15〜16時間後に睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されて眠くなるという効果があるのです。

 

 

私たちの体にある体内時計は、1日26時間の感覚で動いていますが、朝起きて日の光を浴びると体内時計がリセットされます。
さらに、15〜16時間後にメラトニンが分泌されて、眠くなります。

 

 

ということは、起床時間を安定的にさせておけば、眠くなる時間帯も毎日同じ時間帯となり、入眠しやすくなるという事です。

 

 

その為、寝る時間よりも、起きる時間にポイントを置く必要があるのです。
例えば、朝6時に起きて日の光を浴びておくことで、15〜16時間後の21時〜22時ころには眠くなり、スムーズに睡眠がとれるようになります。
その為、次の日が休みだからと夜更かしをして、翌朝ゆっくり起きてしまうと、入眠時間がズレてしまうので、いつも通りに一旦起きて日の光を浴びる様にしておきましょう。